ChromiumOSを試す怪

2010年01月23日

 Google社の発表予定であるChromeOS、そのオープンソース版であるChromiumOSを教えて戴いたので試してみました。イメージファイルは下のURLからVMware用をダウンロードしました。
 ChromiumOSの特徴は操作の全てをGoogleChromeBrowserで行うことにあります。つまり使用できる機能の殆どがWEBアプリケーションという事になります。ログイン後は画面いっぱいにGoogleChromeBrowserが起動します。

http://chromeos.hexxeh.net/
ファイル名:ChromeOS-Zero-VMWare.tar
ChromiumOS Zero VMWare MD5:
1e26bca94ed199972b3389c163ca5e66

ファイル名:ChromeOS-Zero.tar.gz
ChromiumOS Zero USB MD5:
1080f0ddf64814791ad4eb339245d09b
.

私的ミラー
- Last release was 11th January 2010.
- Chromium OS builds by Hexxeh
http://sis.homelinux.org/google/ChromeOS-Zero-VMWare.tar.gz
http://sis.homelinux.org/google/ChromeOS-Zero.tar.gz


 ログイン画面では下の画像のようにGoogleアカウント(Gmailアカウント)でログインします。事前にアカウントを取得しておきましょう。
ChromiumOS.PNG

 左上のメニューから便利なリンク集が開けます。
ChromiumOS2.PNG

感想
 残念ながら、まだまだ発展途上と思います。VMware上だけかもしれませんが、非常に重いです。そして、デフォルト状態ではyoutube等のフラッシュを再生できませんでした。

2010/01/26追記
デフォルトrootパスワード:facepunch
コンソール切り替え:[CTRL]+[ALT]+[T]
GUI復帰:exitコマンド


<スポンサード リンク>

日経Linux(リナックス) 2010年 02月号 [雑誌]

日経Linux(リナックス) 2010年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP出版センター
  • 発売日: 2010/01/08
  • メディア: 雑誌



書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | ChromeOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。