LinuxでGOM PLAYERをインストールの怪(WINE)

2009年01月03日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

GOM PLAYERはコーデック内蔵の動画プレイヤーなので使えたら便利そうなのでインストールしてみました。とりあえずインストールは通常通り問題なく行えました。そして設定画面も問題ありません。

しかし、肝心の動画ファイルを開こうとした所フリーズしてしまいました。どうやら無理みたいです。一応簡単なファイル別挙動。

2010/01/21追記
再生に成功しました。詳しくは下の記事を参照ください。
LinuxでGOMPlayer再生成功の怪


・AVI(DivX4)→フリーズ
・FLV→フリーズ
・WMV→コーデックを求められるので求められるままにインストール。しかしインストールしてもコーデック求められるループ。


WINE動作ソフトまとめの怪


<スポンサード リンク>




書いた人 sis | Comment(2) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初Linuxでexe起動の怪

2009年01月03日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

現在fedoraのyumパッケージでwineのバージョンは1.19です。

とりあえず文字化けしなくなったので起動してみました。方法は簡単です。.exeの実行ファイルをダブルクリックするだけです。.msiの場合はコマンドしか受け付けないかもしれません。
コマンド行う場合は以下の通りです。
・.exeの場合
# wine ファイル名.exe

・.msiの場合
# msiexec ファイル名.msi


マインスイーパとソリティアをWindowsからコピーしてきて試してみた結果、問題なく使用する事が出来ました。ソリティアはクリアした後の動きが緩慢という事をどこかで読みましたが普通でした。進歩したのかもしれません。
それとソリティアのカード模様についてですが、どれも表示されません。模様のリソース部分が実装されてないのでしょう。


-------追記--------
日本語入力が出来ないという噂についての検証。エディタソフトで試した結果日本語入力出来ました。ただし時々エンター押しても反映されない時があります。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WINEで日本語表示の怪

2009年01月03日

WINEをインストールの怪にて文字化けしてしまい日本語表示出来ませんでしたがフォント変更のヒントを教えて貰って出来ました。ありがとう。

手順
1.http://www.geocities.jp/ipa_mona/に行ってopfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAMonaFonts-1.0.8.tar.gz(現時点)をダウンロードしてきましょう。

2.解凍したら~/.wine/drive_c/windows/fonts/に放り込みましょう。
(ユーザホームで隠しアイテム表示にチェック入れると出ます)


これで完了です。「# winecfg」等で確認してみましょう。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WINEをインストールの怪

2009年01月03日

今回はLinuxでWindowsアプリケーションを動かそうというモノです。正直ハマリです。遅々とした進み方です。

Fedora10でWINEをインストールしたい場合は簡単です。
#yum install wine
これだけでインストール出来ます。


しかしうちの環境ではWine Configurationの日本語表示部分が文字化けしてしまいました。全部の文字が「の」になります。どうにかしようと色々試行錯誤したのですが結局負けてWINEだけ英語表示にする方法を教えて頂きました。負けました。ええ負けましたとも。知ってる方いらしたら教えてください。

Wine Configurationを英語で起動する方法。
# LC_ALL=C winecfg &


WINEはWineIsNot anEmulatorの略らしいのですが、yumコマンドの説明だとWindowsEmulatorって書いてありました。

-----------追記---------------
英語起動を楽にするために。
いつも通りの方法だとメニューの編集から直接コマンド実行しようとするだけなのですが以下のエラーが出てしまいました。
アイテムを起動できませんでした
子プロセスを起動できません "LC_ALL=C" (そのようなファイルやディレクトリはありません)

コマンドとして実行してもエラーが出ます。

方法
1.邪魔にならない所にwinecfgとか適当な名前で空ファイルを作成

2.テキストとして開いて「LC_ALL=C winecfg」とだけ書く。

3.保存して閉じたら右クリック>プロパティ>アクセス権>プログラムとして実行出来るにチェック。

4.アプリケーション右クリック>メニューの編集>Wine>Wine Configuration右クリック>プロパティ>コマンド欄を「./winecfg」にして閉じる。


これでWine Configurationをクリックするだけで英語起動出来ます。

----------更に追記--------------
日本語表示のやり方教えて頂きました。本当にありがとう。
WINEで日本語表示の怪


2010/01/17追記
UbuntuでのWineインストールについて

インストール方法
$ sudo apt-get install wine

デペロッパー版を使いたい場合
$ sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
$ sudo apt-get install wine

参考ページ
http://www.winehq.org/download/deb
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fedora10でWindowsとファイル共有の怪

2008年12月28日

LinuxマシンでWindowsマシンとファイル共有するには前はsambaというソフトが必要でした。しかし今はWindowsマシン上のファイルにアクセスするだけならFedora(他のディストリでも出来るでしょう)のデフォルト機能で出来ます。しかしsambaを使った方が簡単でしたので今回はその方法についてのメモです。


Windowsでのワークグループ名:HOME
(ドメインで管理している場合:windows)
Windowsで共有になっているフォルダ名:share

Windowsマシン(サーバ):192.168.1.1
Linuxマシン(今回操作するクライアント):192.168.1.2

[ハブやルーター]┳[Windowsマシン]
.           ┗[Linuxマシン]

GNOME環境での話です。
1.まずsamba関連のソフトをインストールします。
#yum install samba*

2.場所>サーバで接続...をクリックしてください。

3.サーバへの接続というウィンドウが出るので各種設定をします。

 ・サービスの種類[Windows共有]<必須
 ・サーバ名[192.168.1.1/share]<必須(ネットワーク上の共有したいフォルダ)
 ・共有する場所[....]<任意(Linux上のどこに置くか指定。指定しないとデスクトップになります。)
 ・フォルダ[....]<任意(Linux上でのディレクトリ名です。)
 ・ユーザ名[guest]<どのユーザでWindowsにログインするか
 ・ドメイン名[HOME(windows)]<必須
 ・ブックマークを追加するにチェック<チェックするとGNOME>場所>ブックマークから開けるようになります。
 ・ブックマーク名[任意]
※再起動するとデスクトップにあるアイコンは消えます。必ずブックマークしときましょう。不便です。

4.接続する


これで完了です。逆にLinuxをサーバにしてWindowsからアクセスしたりするにはSambaサーバを使えば可能です。

GNOME>場所>ブックマークの編集についてのメモ。
うちの環境だけかもしれませんがGNOME>場所>ブックマーク>編集という物がありません。その場合の編集方法をメモしておきます。
1.[ユーザ名]のホームを開き表示>隠しファイルを表示にチェック
2..gtk-bookmarksを開いて適当に編集してください。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FUSE導入の怪(NTFS認識についても少し)

2008年12月26日

NTFS認識の怪で書いてませんがもう一つだめだった方法で必要になってインストールした物です。
趣旨がずれるので別記事にしました。

LinuxでNTFSパーティションを読み書きするには(ntfsmount編)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/939ntfsmount.html

ここではまずFUSEというモジュールが必要なので以下コマンドでインストールしようと書いてあります。
# yum install fuse fuse-libs
しかしうちの環境では出来ませんでした。(エラー文紛失。)

そこで下のURIを参照して導入しました。初makeコマンドです。
http://jo1upk.blogdns.net/linux/?%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%2FFUSE

1.手順に従いhttp://sourceforge.net/projects/fuseからfuse-2.4.1.tar.gz(バージョン違った)をダウンロード。

2.適当なディレクトリに解凍。

3.コンソール(端末)でそのディレクトリに移動。
# cd (フルパスで解凍したフォルダ)/fuse-2.4.1

4.以下コマンドを順に。
# ./configure
# make
# make install
# modprobe fuse


これで導入完了です。

うちの環境では競合する〜というエラーが出て出来ませんでしたが役に立つntfsmountについてのURIをメモ。
http://d.hatena.ne.jp/uriyuri/20080712/1215824497
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

fedoraでNTFS認識の怪

2008年12月26日

苦労しました。非常に苦労しました。OS入れ直そうかと思ってました。
しかし、しかしです。出来ました!

FedoraのLiveCD版からインストールした時は特に問題なくUSB外付けHDD(NTFS)を認識する事が出来たのですがDVD版Fedoraでインストールしたら以下のエラーが出てうまくいきませんでした。

ボリューム‘ローカル ディスク‘をマウントできません。
DBus error org.freedesktop.DBus.Error.
NoReply: Did not receive a reply.
Possible causes include: the remote application did not send a reply,
the message bus security policy blocked the reply,
the reply timeout expired, or the network connection was broken.

この前に色々試したり調べたりしましたが長くなるのでここからです。
まずは下のURIを参考にしました。(こちらでは出来ませんでした。)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/624ntfsrw.html
これはCaptiveというソフトウェアを使ってWindowsから持ってきたNTFSドライバ(cdfs.sys fastfat.sys ntfs.sys ntoskenl.exe)を読み込んで認識できるようにするって方式みたいです。
インストールまではうまく行ったのですが設定でWindowsから持ってきたドライバをうまく認識してくれませんでした。GUI設定画面は不安定と書いてあるのでそれが原因かもしれません。CUI設定画面出す方法が判りませんでした。(# captive-install-acquireと打つとGUI設定画面が出てきてしまうため)

次に違う方法のURIを教えて貰ったので下のURIを参考にしました。(最終的にはこれで成功。)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/981ntfs3g.html
http://homepage3.nifty.com/nasunu-i/Fedora6/NtfsSetup.htm

1.まず下のURIのインストール手順に従って以下コマンドを入力。
# yum install ntfs-3g
# yum install ntfs-config

2.今度は上のURIに従ってマウントポイントを作成。
# mkdir /media/(好きなディレクトリ名)

3.URIの手順通りだと以下のコマンド。
# ntfs-3g /dev/hda1(マウントするデバイス名:うちではsdb1だった。エラー文に出てるので参照) /media/winxp -o locale=ja_JP.UTF-8

しかしうちの環境では以下のエラーが出ました。
$LogFile indicates unclean shutdown (0, 0)
Failed to mount '/dev/sdb1': サポートされていない操作です
Mount is denied because NTFS is marked to be in use. Choose one action:

Choice 1: If you have Windows then disconnect the external devices by
clicking on the 'Safely Remove Hardware' icon in the Windows
taskbar then shutdown Windows cleanly.

Choice 2: If you don't have Windows then you can use the 'force' option for
your own responsibility. For example type on the command line:

mount -t ntfs-3g -o force /dev/sdb1 /media/(好きなディレクトリ名)

Or add the option to the relevant row in the /etc/fstab file:

/dev/sdb1 /media/(好きなディレクトリ名) ntfs-3g force 0 0


4.そしてエラーを読んで下のコマンドを入力すると認識しました!
mount -t ntfs-3g -o force /dev/sdb1 /media/(好きなディレクトリ名)

5.自動マウントもできるようにするために/etc/fstabに以下を追加して完了です。
/dev/hdb1  /media/winxp  ntfs-3g locale=ja_JP.UTF-8  0 0


現在は問題なく読み書き出来ています。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。