Regza Phone T-01CのAndroid2.2で変わった事の怪

2011年05月18日

今の所気づいたリスト

1.フラッシュプレイヤー10.1が利用できるようになった(要マーケットからインストール)
 - 標準ブラウザかdolphinブラウザからのみ仕様可能、Firefox非対応(2011/05/18現在)
 - フラッシュ上のATOKで一切入力できなくなった
 - SimejiやAndroid標準キーボードでは入力できるが、日本語文字は受け付けない
2.今まで2方向までだったが(通常と左倒し)3方向に傾けて画面の向きを変えられるようになった
3.Droid Sansからモトヤフォントに選択可能になって、文字が見やすくなった
4.ベンチスコアが良くなったと報告がありましたが、通常の体感速度は多少上がったかな?程度です
 - ただし重かったアプリでは顕著で、とても軽快に動作するようになりました。(AngryBirds等)
5.z4root1.3.0でrootが取れないように対処された
6.Regza Phone単体でワンセグ録画ができるようになった
 - 予約録画は番組ごとではなく、時間ごとに指定
 - 再生時のカクカクは録画データに一切影響なし(問題なく録れる)
7.設定>アプリケーションから、アプリケーションを本体からSDに移動できるようになった
書いた人 sis | Comment(1) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202012694

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。