Fedora13にXFCE導入の怪

2010年09月11日

 Fedora13に軽量デスクトップ環境として有名なXFCEを導入した時のメモです。GnomeやKDEがゴテゴテして重くなってきたと感じている方にはぴったりなデスクトップ環境です。

導入手順
・GUIからインストールの場合
 synapticかソフトウェアの追加/削除でXFCEを検索して、XFCE(xfce-desktop)をインストールします。

・CUIからインストールの場合
# yum groupinstall "XFCE"


ログインマネージャについて

 XFCE4にはログインマネージャがついていないようなので、GDMを利用します。gnome-desktopを削除してしまっても大丈夫ですが、その場合はgdmをインストールしときましょう。
# yum install gdm


おまけ
 KDMやXDMを利用したい場合は、インストールした後に/etc/sysconfig/desktopの下の項目を編集してください。
DISPLAYMANAGER="KDE"

・XDMのインストール
# yum install xorg-x11-xdm
・KDMのインストール
# yum install kdm

※XDMではXFCEがうまく起動しない場合があるので、xsessionについてよく調べてから行ないましょう。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162251845

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。