FedoraでのVitrulaBoxTIPSの怪

2010年09月10日

 書いたと思ったら書いていなかったので、VirtualBoxにFedora13をインストールした後にVirtualBox Guest Additionsの導入関係のメモです。

FedoraでGuest Additionsのインストールに必要な物
・kernel-headers
・kernel-devel
・gcc
#yum install kernel-headers kernel-devel gcc

注意点
・上のリスト中で特にkernel-develに気をつけてください。下のコマンドで現在のカーネルを確認して末尾がPAEの場合はPAE版であるkernel-pae-develをインストールする必要があります。
# uname -r
・カーネルパッケージと同じバージョンである必要があるので、インストール後は必ず下のコマンドで最新版に揃える必要があります。
# yum update -y
・カーネルパッケージは再起動後に適用されるので注意してください。

インストール
 ホスト側からデバイス>Guest Additionsのインストールを選び、ゲストの/media/VBOXADDITIONS_xxxxからVBoxLinuxAdditions-x86.run(64bit版の場合はVBoxLinuxAdditions-x64.runを)を端末で実行すれば完了です。

※間違ったkernel-develやバージョンが一致していない場合は以下のエラーが端末内に出るので注意してください。
Building the Virtualbox Guest Additions kernel modules [失敗]
(Your system does not seem to be set up to build kernel modules.
Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong)


 正しくインストールできていれば、再起動後にシームレスウィンドウモード等が使えるようになります。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:仮想化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162179869

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。