憩いの場さんのMozcの怪

2010年08月19日

 MozcはUbuntuでGoogle日本語入力(mozc)の怪で書いた通り、Google日本語入力からGoogleの膨大なサジェストデータを抜いたオープンソース日本語入力支援ソフトです。
 公式ではソースコードでの配布を行なっており、前回でも自分でビルドしてインストールしました。しかし、憩いの場さんの所で、Ubuntu用とFedora用にビルド済みのバイナリのリポジトリを公開してくれました。非常に便利なので利用しない手はありません。憩いの場さんに感謝しながら利用させていただいてます。

Mozc - Google日本語入力のオープンソース版(憩いの場さん)
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1273605455

 手順については、上のURL通りにすれば簡単です。必要な物は以下の通り。
・IM(IBUS/SCIM/UIMのどれか)各ディストリの公式リポジトリより
・MOZCサーバ(mozc-server+dict/mozc-serverのどちらか)憩いの場さんリポジトリより
・GUI部分(mozc-utils-gui)憩いの場さんリポジトリより
・各IM用MOZC(ibus-mozc/scim-mozc/uim-mozcのどれか)

※OSにあった物をインストールしましょう。

辞書について
 以前Google日本語入力用に作った和英辞書があるので活用ください。
Google日本語入力で和英変換の怪

Mozc公式
http://code.google.com/p/mozc/


2010/08/29追記
・Mozc辞書ツールについて
 UIMアイコンから辞書ツールを起動するとAnthy辞書ツールが起動してしまいます。憩いの場さんに書いてある解決方法の通り、コマンドから設定ツールを開始し、Mozc辞書ツールを起動しましょう。
$ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog


書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。