【第二怪】Ubuntu10.04で始めるLinuxサーバー〜ネットワーク設定編〜

2010年04月30日

 前回(Ubuntu10.04で始めるLinuxサーバーの第一怪〜インストール編〜)でインストールは完了し、ログインして操作できるようになりました。次はネットワーク周りの設定を行います。
 デフォルトではDHCPで自動IPアドレス割当て設定になっています。しかし、サーバーではIPアドレスを固定しないと不便なので固定IP設定に変更します。


手順
1.ネットワークアダプタのMACアドレスを確認します。
$ ifconfig

2.ルーター等の設定で、そのMACアドレスに固定IPアドレスを割当てます。

3.次にネットワークアダプタの設定をします。
$ sudo vi /etc/netowrk/interfaces
※UbuntuではRedHat系と違ってネットワークアダプタの設定ファイルが/etc/netowrk/interfacesに存在します。
編集前
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp
編集後
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static ←static(固定)に
address 192.168.XXX.YYY ←サーバーに割り当てるIP
netmask 255.255.255.0 ←ネットマスク
bloadcast 192.168.XXX.255 ←ブロードキャスト
network 192.168.XXX.0 ←ネットワークを指定
gateway 192.168.XXX.ZZZ ←デフォルトゲートウェイ(ルーターのアドレス)

4.DNSを設定します。
$ vi /etc/resolv.conf
resolv.confの内容
nameserver 192.168.XXX.ZZZ ←DNSのアドレス(ルーターのアドレスになる事が多い)
search ubuntu-server ←サーバーのホスト名

5.ネットワークアダプタを再起動します。
$ sudo /etc/init.d/networking restart


6.ちゃんと使えるか確認します。
$ ifconfig ←IP確認
$ ping sis.homelinux.org ←好きなサーバーに

※CTRL+Cで終了します。
※0% packet lossなら問題ありません。

7.これでIPアドレスの設定は完了です。


Ubuntu10.04で始めるLinuxサーバーシリーズ
【第一怪】インストール編
【第二怪】ネットワーク設定編
【第三怪】HTTPサーバー設定編
【第四怪】ApacheにPHPを導入編
【第五怪】ファイルサーバー設定編
【番外編】操作方法編
【番外編2】Firewall設定編

書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。