Fedora12でgksuコマンド代替の怪

2010年02月05日

 Ubuntuにはgksuコマンドというグラフィカルな管理者権限実行コマンドがあります。非常に便利なコマンドで下の例のように打つとパスワードを問うダイアログがでて、コマンドをroot権限で実行する事ができます。
$ gksu コマンド

 Fedoraでも似た機能であるbeesuコマンドが実装されていますが、デフォルトではインストールされていないのでインストールしましょう。

導入
# yum install beesu

 使い方はgksuの例と全く同じですが、gksuはユーザー側のパスワードであるのに対し、beesuではrootのパスワードを求められるので注意しましょう。

関連記事
Linuxの右クリックで管理者権限で開くを追加の怪(GNOME編)


<スポンサード リンク>

できるPRO Fedora 12 Linux 完全活用編 (できるPROシリーズ)

できるPRO Fedora 12 Linux 完全活用編 (できるPROシリーズ)

  • 作者: 辻 秀典
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2010/02/04
  • メディア: 単行本


書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。