Fedora12でWineDeveloper版をリポジトリからインストールの怪

2010年01月25日

 Fedora等のyumコマンドが使えるRedHat系のLinuxで、Wineの開発版(最新版)をリポジトリからインストールする手順のメモです。


手順
1.まずwineをインストールします。
# yum install wine


2.開発版にアップグレードします。
# yum --enablerepo=updates-testing upgrade wine


参考資料
http://fedoraproject.org/wiki/AndreasBierfert/Wine

※ただしUbuntuのリポジトリより更新が遅いです。がんばれ、Fedora


<スポンサード リンク>

Fedora 10 スタートアップバイブル

Fedora 10 スタートアップバイブル

  • 作者: 大津 真
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。