Linuxの右クリックで管理者権限で開くを追加の怪(KDE編)

2010年01月23日

 今回はKDEでの右クリックメニューに「管理者権限で開く」機能を追加する趣旨です。GNOMEでは"nautilus-gksu"や、"nautilus-beesu-manager"等にあたる物を導入します。

導入手順
1.下のURLのページ中段にあるdownloadから48411-rootactions_servicemenu_2.4.8.tar.gzをダウンロードしてきます。
http://www.kde-apps.org/content/show.php?content=48411

2.解凍してrootactions-servicemenu.plを/usr/local/binにコピーします。
$ sudo su
$ cd /解凍したディレクトリ/rootactions_servicemenu_2.4.8/Root_Actions_2.4.8
$ cp rootactions-servicemenu.pl /usr/local/bin/


3.*.desktopファイルを下の場所にコピーする。
/解凍したディレクトリ/Root_Actions_2.4/dolphin-KDE4/*.desktop
↓コピー
/home/USER_NAME/.kde/share/kde4/services/ServiceMenus/

※/ServiceMenusが無い場合は作りましょう。

4.これで右クリックメニューにRoot Actionsが追加されています。


GNOMEの場合
Linuxの右クリックで管理者権限で開くを追加の怪(GNOME編)


<スポンサード リンク>

できるPRO Fedora 11 Linux 完全活用編 (できるPROシリーズ)

できるPRO Fedora 11 Linux 完全活用編 (できるPROシリーズ)

  • 作者: 辻 秀典
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2009/07/27
  • メディア: 単行本



書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。