LinuxでFTPクライアントの怪

2010年01月14日

FTPクライアントである、FileZillaはオープンソース(GPL)のソフトなので、当然各種Linuxで利用が可能です。

ただし、Windows版のバージョン3.xでSSLFTP使用時にディレクトリを取得できないバグがあったように、Linux版でも同じバグがあるようです。ちなみに現在のLinuxでのバージョンは3.2.7.2です。
(※バグについて追記参照)

・インストール手順
Fedoraの場合
# yum install filezilla

Ubuntuの場合
$ apt-get install filezilla


Linuxで古いバージョンは後で追記します。


2010/01/14追記
コマンド: LIST
応答: 150 Opening ASCII mode data connection for file list
状態: Server did not properly shut down TLS connection
エラー: Could not read from transfer socket: ECONNABORTED - Connection aborted
応答: 226 Transfer complete.
エラー: ディレクトリ一覧表示の取り出しに失敗しました


上のエラーはFTPサーバーのバージョンが古い場合に起こる現象のようです。よって、FTPサーバーをアップデートした場合は3.xバージョンを問題なく使用できます。
しかし、サーバーをアップデートする権限が無い場合は2.x系を利用するしか無い模様です。

<スポンサード リンク>

はじめてのホームページ作り 小さな会社のWebサイト 制作・運用ガイド

はじめてのホームページ作り 小さな会社のWebサイト 制作・運用ガイド

  • 作者: 佐藤 和明
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2007/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:ブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。