Fedora10でWindows上のプリンタにアクセスの怪

2009年01月08日

構成例
                 USB
┌────┐   ┌──────┐↓ ┌────┐
│Fedora│   │Windows │─│プリンタ│
└────┘   └──────┘ └────┘
  └───────┘
     ↑LAN

まずプリンタ共有を出来るようにするには2段階あります。
1.USBで直接Linuxに繋いでプリンタを使える状態にする。
(ドライバや認識の問題)

2.LinuxからWindowsへアクセス出来る環境を作る。
(SambaやFTPなどでプリンタに印刷物を送るため)

今回は一番簡単だったSambaの方法をメモします。

手順
1.まず公式サイトからLinux用ドライバをインストールしてプリンタを認識出来るようにします。
 Canon : http://cweb.canon.jp/drv-upd/bj/other.html#linux
 EPSON : http://avasys.jp/hp/menu000000300/hpg000000249.htm
 NEC :http//www.express.nec.co.jp/care/prtechinfo/linux/
 HP : http://h10018.www1.hp.com/wwsolutions/linux/products/printing_imaging/

・無い場合はオープンソースプリンタドライバ集gimp-print-cupsを見てみましょう。
http://gutenprint.sourceforge.net/p_Supported_Printers.php3
インストールされてるかチェック方法
# rpm -qa | grep gimp-print-cups

・だめならドライバ情報を調べます。
http://openprinting.org/printer_list.cgi

・上でも無いなら似た型番で試します。

2.ドライバをダウンロードしてきたらインストールします。
# cd (rpmがあるフォルダ)
#rpm -ivh (ダウンロードしてきたモノ).rpm

3.CUPSを再起動します。
# /etc.init.d/cups restart

4.システム>管理>印刷を開いて新規ボタンを押します。

5.デバイスからWindows Printer via SAMBAを選択して設定を埋めます。
SMBプリンター()は抜いてください
smb://[(ワークグループ)/]server[:port(無くてもいけました)]/(プリンタ共有名)
認証を押して使いたいプリンタっぽいのを選んでください。

認証
Windowsワークグループにログインするユーザを入力してください。
XPで誰でも使えるならguestでパス無しでいける筈です。

6.後は進むを押して判りやすい名前つけたりすれば完了です。Firefox等からテストしてみてください。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。