SELINUX無効の怪

2009年01月07日

SELINUXはセキュリティ上重要な物ですが、そのために不便な思いをする事も多々あります。特にFedoraシリーズは先進的で人柱気質の人が好むと思うので(偏見)SELINUXを無効にする方法をメモしておきます。

手順
1./etc/selinux/configをviコマンドかエディタで開きます。

2.6行目くらいを以下の通りに書き直します。
SELINUX=disabled

3.再起動すれば完了です。


有効にするにはenforcingにしてください。
こうする事によってリスクの代わりにHDD不可やCPUリソースの消費が少なくなります。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。