LinuxでCPP版レグネの怪(WINE)

2009年01月05日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

 失敗しました。Linuxで旧レグネの怪と全く同じ失敗の仕方です。

成功しました。詳しくは下の記事からどうぞ。
Linuxで++Regnessem成功の怪(WINE)


 ただ持ってくるだけじゃ起動もしません。『Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)』が必要です。
 こっちのインストールには成功しました。WindowsでマイクロソフトのHPからダウンロードしてきてファイル映して実行しただけです。

WINE動作ソフトまとめの怪


<スポンサード リンク>

ロジクール EX100 コードレスデスクトップ EX-100

ロジクール EX100 コードレスデスクトップ EX-100

  • 出版社/メーカー: ロジクール
  • メディア: エレクトロニクス


書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。