Fedora10で透過ウィンドウの怪

2009年01月01日

今回は擬似透過じゃなくウィンドウごと透過しちゃおうというメモです。
端末だけなんて面倒な方法じゃなく全てのウィンドウを透過出来ます。しかもそれほど重くないです。

◇必要な物
・X.org(6.8以上)Fedora10ならデフォルトで問題無し。
・xcompmgr
・transset

◇手順
1./etc/X11/xorg.confに以下セクションを追加。
Section "Extensions"
Option "Composite" "Enable"
EndSection

2.Composite extensionが有効になってるか確認。
# xdpyinfo
Composite <これがあったらOK

3.xcompmgrをインストール。
#yum install xcompmgr

4.transsetはyumコマンドでは無理なのでソースからインストールする。下のサイトから[transset_0.1.0+cvs.20051218.orig.tar.gz]をダウンロードしてきて解凍する。
http://packages.debian.org/ja/experimental/transset

5.解凍出来たら[cd]コマンドで解凍して出来たディレクトリに移動。
#cd ./transset

6.[make]コマンドを実行する。(多分合ってる筈)
#make

7.ディレクトリ内にtranssetが出来ているのを確認する。出来ていなかったら試行錯誤する。

8.実行する。
# xcompmgr
# ./transset .5
こうするとポインタが+印になります。それで透過したいウィンドウをクリックしてください。.5の部分が透過率です。1で完全に不透明、0で完全に透明になります。
もしtransset実行がうまくいかなかったらフルパスで渡してみてください。簡単に実行出来るようにするためのメモは次回ぐらいに書くと思います。


Fedoraでの情報が少なかったので多少苦労しました。

---------追記-----------
簡単に実行する方法メモ
アプリケーションに追加しちゃいましょう。

手順
1.アプリケーション右クリック>メニューの編集

2.好きな所(その他やアクセサリがお勧め)を選んで新しいアイテムをクリック

3.名前は適当に判りやすく。コマンドは参照でtranssetをフルパスで以下のように。
./transset .5(好きな透過率)

4.コメントも判り易いように。OKを押したらお好みで右クリックかドラッグでパネルに追加してください。

5.同じような手順でコマンド[# xcompmgr &]も登録しとくと便利です。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。