amsnメッセンジャーの怪

2008年12月30日

amsn.png

MS純正のMSNメッセンジャーにそっくりなLinux対応メッセンジャーです。
早速導入法です。

1.まずはインストール。fedoraではyumコマンドでいけます。
#yum install amsn amsn-plugins

2.日本語入力出来るようにするために日本語化します。下のURIからlangjaをダウンロードして/usr/share/amsn/langに放り込みましょう。
http://july.homedns.org/linuxwiki/index.php?aMSN



これで完了ですがうちの環境では以下の不具合がありました。
会話ウィンドウを開く→接続が確立される→暫く会話が無くなり接続が切れる→また発言して再接続する→文字が打てなくなる
対症療法:文字入力部で一度右クリックすると打てるようになります。

バージョンアップで修正を期待です。機能的には素晴らしいのですが不具合が流石に不便なので後で書くpidginメッセンジャーを採用しました。


関連記事
2010年初頭Linuxでメッセンジャー比較の怪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。