ノートPCにおけるfedora10電源管理の怪

2008年12月23日

電気代節約のためにも消費電力設定は弄っておきたい物です。
設定項目は大体Windowsと同じです。

GNOME環境では
システム>設定>システム>電源管理と進んでください。

聞き慣れない単語のメモ
>アイドル状態とは
PCに触れてない状態(何の入力も無い)

>ブランクスクリーンとは
画面の電源を切った状態

>サスペンドとは

電源を切る直前のデータをメモリに保存して電源を切る。電源を入れると保存した状態で始まる。Windowsで言う所の休止状態。

>ハイバネートとは
Windowsで言う所の休止状態。
サスペンドとほぼ機能は同じだが、メモリではなくHDDにデータを保存する。

>停止する
言わずと知れたシャットダウン。

>画面をスリープするとは
画面の電源を切る。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。