WINE1.2の怪

2010年07月17日

 とうとうwineの大きなバージョンアップがありました。安定版のバージョン1.2が公開されました。
 多くのバグ修正が行われており、特に音関係の改善に注目しています。また、Ubuntuのパッケージでは、アイコン等が追加された事によって見栄えがとてもよくなっています。
 そしてまた、全体的に高速化がされています。今まで表示に十数秒かかっていた物が数秒になっている物もあります。(ただしうちの環境でのみ)
 wineのインストール方法については、以下を参照ください。

Fedora12で WineDeveloper版をリポジトリからインストールの怪
WINEのソースからインストールに必要な物メモの怪
WINEをインストールの怪


Wineプロジェクトの公式サイト
http://www.winehq.org/

公式ダウンロードページ
http://www.winehq.org/download/


2010/07/17追記
1.2からフォントによっては文字レンダリングのクリアタイプが効いているようです。それもXPの薄いクリアタイプではなく、WindowsVista/7(若しくはGDI++系の)のような綺麗なレンダリングです。このようなフォント/文字レンダリングが好きな身としては非常に嬉しいです。
タグ:Wine wine1.2
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。