WINE 1.1.12にアップデートの怪

2009年01月06日

他の検証も一通り落ち着いてるのでWINE1.1.12にアップデートしてみました。
アップデートの手順はFedora10でソースからインストールの怪(makeコマンド)を参考にしてください。ソースファイルはhttp://www.winehq.org/からDownload>Wine Source Downloadsの項を見て好きな場所からダウンロードしてください。

変わった事
What's new in this release:

* Some simple 64-bit apps should now run.
* Support for subpixel font rendering.
* 64-bit code generation in the IDL compiler.
* New version of the Gecko engine.
* Various bug fixes.

・64bit版のWindowsアプリケーションが実行出来るようなったそうです。但し64bit版としてWineをコンパイルする必要があるそうです。アプリケーションが無いので未検証。

・フォント周りの修正が入ったようです。はみ出していた部分等が綺麗になりました。

アンチエイリアスについてはWineスレより転載
716 名前:login:Penguin[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 21:28:10 ID:D3ayF8nF
上にも出てたけど、1.1.12でアンチエイリアス

$ vim wine_fontsmoothing.reg

REGEDIT4

[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop]
"FontSmoothing"="2"
"FontSmoothingType"=dword:00000002
"FontSmoothingGamma"=dword:00000578
"FontSmoothingOrientation"=dword:00000001

$ regedit wine_fontsmoothing.reg
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fedora10でソースからインストールの怪(makeコマンド)

2009年01月06日

Fedora10に限らずLinuxでソースからビルドしてインストールする方法についてのメモです。はっきり言って互換関連が楽なのでバイナリより簡単です。

手順
1.ソースファイルをダウンロードしてきて適当な場所に解凍します。
(例:./sourceディレクトリ)

2.端末を起動してcdコマンドで解凍したディレクトリに移動します。

3.以下コマンドを入力します。
# ./configure
# make
# make install

これで完了です。
アップデートしたい場合は同じ手順でmake installを実行するだけです。アンインストール等はいりません。

これだとアンインストールが難しいので便利ツールメモ。そのうち検証。
checkinstall
http://asic-linux.com.mx/~izto/checkinstall/

インストールするファイルを監視してRPMパッケージを作成してからインストールして上書きされるファイルのバックアップも取ってくれるのでアンインストールすると元の状態に戻せるツールです。


手順
1.上の手順のコマンドの代わりに以下コマンド
# ./configure
# make
# /usr/local/sbin/checkinstall

2.アンインストールの時は以下コマンド
# rpm -e packageの名前


書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fedoraを起動時にソフトを自動起動の怪

2009年01月06日

Windowsで言う所のスタートアップです。OS起動時に自動でコマンドを実行してくれる設定についてです。

手順
1.viかエディタで/etc/rc.d/rc.localを開きます。

2.一番下に追加したいコマンドを書き足します。

3.保存して終了です。



ランレベルごとに起動ソフトを変えたい場合は以下の通りです。
1./etc/rc.d/rcx.d/(xがランレベル)の中に起動したいスクリプトを入れます。

2.スクリプトの名前の先頭にS+数字二桁を足します。(S99)
(Kの場合は停止を意味します。)


ランレベルの確認方法
# runlevel

ランレベル変更方法
起動時:/etc/inittabを編集する。数字の部分を好きなランレベルにしましょう。
起動してから:# init x(好きな数字)


ランレベルの意味
0:シャットダウン(システムの停止)
1:シングルユーザーモード(rootのみ)
2:ネットワークなしのマルチユーザーモード
3:通常のマルチユーザーモード(テキストログイン)
4:未使用
5:グラフィカルログインによるマルチユーザーモード
6:システムの再起動

更にもうちょっと後のGNOME起動時にソフトを自動実行したい場合は以下の通り。
1.システム>設定>ユーザ向け>セッションを開きます。

2.自動的に起動するプログラムの追加で追加ボタンを押します。

3.出てきたウィンドウに好きなコマンドを登録してチェックを入れたら終了です。



更にKDE起動時にソフトを自動実行したい場合
1.メニュー>自動実行を選択して右クリック

2.新規作成>アプリケーションへリンク

3.一般タブで判りやすい名前を入力したらアプリケーションタブでコマンドを登録すれば完了です。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでCPP版レグネの怪(WINE)

2009年01月05日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

 失敗しました。Linuxで旧レグネの怪と全く同じ失敗の仕方です。

成功しました。詳しくは下の記事からどうぞ。
Linuxで++Regnessem成功の怪(WINE)


 ただ持ってくるだけじゃ起動もしません。『Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)』が必要です。
 こっちのインストールには成功しました。WindowsでマイクロソフトのHPからダウンロードしてきてファイル映して実行しただけです。

WINE動作ソフトまとめの怪


<スポンサード リンク>

ロジクール EX100 コードレスデスクトップ EX-100

ロジクール EX100 コードレスデスクトップ EX-100

  • 出版社/メーカー: ロジクール
  • メディア: エレクトロニクス


書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新Regnessemをインストールの怪

2009年01月05日

Regnessemは2005.06.10のα18で更新が止まりオープンソース化していました。未接続になった後メッセージを送信するとウィンドウを開きなおして接続し直さないと届かないバグも抱えたままでした。

そこでRegnessemから乗り換えを色々探っていた訳なのですが、最近はCPPで書き直したRegnessemというプロジェクトが進んでいるようです。未だ開発中ですが安定していて何より更新があるので希望を持てます。

導入手順
1.下のURIからppregnessemをダウンロードしてきます。
http://sourceforge.jp/projects/ppregnessem/

2.好きな所に解凍しましょう。

3.そして後はregnessemを実行するだけなのですが以下のエラーが出る場合があります。その場合は4に進んでください。
msvcp90.dllが見つかりません。

4.Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)をダウンロードしてきます。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=A5C84275-3B97-4AB7-A40D-3802B2AF5FC2&displaylang=ja

5.後は実行して手順に従ってインストールすればregnessemを起動出来るようになります。


Windows2000環境での動作
・今まで通り軽快
・未接続になって再接続後メッセージが届かないバグ改善改善してませんでした。弄ったら改善しました。
・今まで通りファイル転送出来ず。

msvcp90.dllが無いっていう所で少し戸惑いました。

----------追記------------

未接続になって再接続後メッセージが届かないバグについて。
MSNP10というプラグインを入れる事によって改善する事が出来ました。

導入手順
1.Regnessem物置からmsnp10.dllをダウンロードしてきます。
実験室>私家版MSNP10>Download
http://refy.net/regnessem/index.php

2.解凍したらppregnessemフォルダの中のPluginsに放り込みましょう。

3.プロファイル編集でプロトコルをMSNP10にすれば完了です。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでWindowsMediaPlayer10の怪(WINE)

2009年01月04日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。
結論から言うと成功しました。導入手順が少し面倒なのでメモしときます。


手順
1.まず下のURLからjscript.dllをDLしてきます。
http://www.thehandofagony.com/alex/dll/jscript.dll

2../.wine/drive_c/windows/system32に放り込みます。
(大体ユーザホームの隠しフォルダ表示したら出てきます。)

3.端末を起動して以下コマンドを入力。
# regsvr32 jscript.dll

4../.wine/drive_c/windows/system32の中のurlmon.dllを削除して下のURIからダウンロードしてきたurlmon.dllに置き換えます。
http://www.thehandofagony.com/alex/dll/URLMON.DLL

5.「# winecfg」でWine設定を立ち上げてライブラリタブ>ライブラリ新規オーバーライドにurlmonと入力して追加を押します。

6.MSサイトからWindowsMediaPlayer10インストーラをダウンロードしてきます。正規Windowsじゃないとダウンロード出来ません。
http://www.microsoft.com/downloads/Browse.aspx?displaylang=ja&categoryid=4

7.適当なディレクトリに移して実行し、インストールします。

8.devenum.dllとquartz.dllを下のサイトからダウンロードしてきます。
http://www.dlldump.com/download-dll-files_new.php/dllfiles/D/devenum.dll/6.05.2600.21808/download.html
http://www.dll-files.com/dllindex/dll-files.shtml?quartz

9.上の二つを./.wine/drive_c/windows/system32に放り込んだらwinecfgからこの二つもオーバーライド追加します。

10.Winecfgのアプリケーションタブ>アプリケーションを追加からwmplayer.exeを追加してOKを押します。

11.後はwmplayer.exeを起動すれば完了です。



気をつけて欲しい所はWindowsMediaPlayer10をダウンロードしてくるという事です。WindowsMediaPlayer11だとインストール時のバージョンチェックで弾かれます。

動作について
・WMAファイルの再生は問題無く出来ました。
・WAVの再生出来ました。
・MP3はコーデック問題で再生出来ませんでした。弄れば大丈夫かも。
・WMV再生出来ました。多少かくつきます。CPU使用率100%になるのでスペックが原因でしょう。
・音楽再生だと再生されてから最初数秒音が出ません。戻せば鳴ります。多分それもスペックのせいでしょう。最近のパソコンなら問題無い筈です。
・MPlayerの方が軽い事は確かですがコーデック周りの互換でこれ以上の物は無いでしょう。
・URLを開く機能が使えませんでした。弄ったら使えるようになるかも。

WINE動作ソフトまとめの怪
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでQMPの怪(WINE)

2009年01月04日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

QMPWikiのダウンロードからBuild 120をダウンロードしてきてインストールしました。Wikiに書いてある通りメディアライブラリのチェックだけ外しインストール。特に問題なく起動まで出来ました。
そしてMP3を再生してみた所、以下メッセージが。
指定されたフォーマットはサポートされていないか、解釈できません。Capabilities 関数を指定してサポートされているフォーマットを確認してください。

しかし、再起動したら再生成功しました。
特に文字化けは無いです。訂正MusicIDの日本語表示部が化けました。

ファイル別挙動(デフォルト)
・MP3:再生可
・AVI(divx5):強制終了。
・FLV:反応無し。
・WMA:再生可
・WAV:強制終了。
・OGG:指定されたフォーマットは〜と出て不可。
・APE:再生可


WINE動作ソフトまとめの怪

---------追記------------
・やはり再生出来る時と出来ない時があります。
・右クリックで出したメニューから操作するとフリーズしませんでした。スキンの再生ボタンやショートカットキーはかなりの確率でフリーズするみたいです。
・再生中にEdit Tagsを開くとフリーズもしくは強制終了になります。
・Edit Tags>From MusicID (AutoTag)が無かったのですがAutoTag機能については以下のファイルが必要だったそうです。
 * CDDBControlGnote.dll
 * CddbMusicIDUIGnote.dll
 * CddbMusicIDGnote.dll
・上記の後にEdit Tags>From MusicID (AutoTag)としても文字化けは直りませんでした。手入力でもだめなのでWineが原因かも。
・medium modeにするとボタンからでもフリーズしませんでした。フリーズしました。
・Play from hereから再生する時が一番フリーズしづらいです。
・一度強制終了すると正常終了するまで再生出来ません。
・起動の早さはソリティアやマインスイーパ以上。
・MP3ファイル1つ再生中のメモリ使用量は21.3MB、非再生時は18.7MBでした。
・最小化してもメモリ使用量は変わりませんでした。

---------更に追記-----------
文字化け問題解決
http://qmp.seesaa.net/article/24915052.html
ここの日本語化プラグインで表示出来るようになります。


2010/01/08追記分
WINEで音が鳴らない場合の怪
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでRegnessemの怪(WINE)

2009年01月04日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

 Regnessemを実行してみました。公式サイトのzip版をダウンロードしてきて実行しただけです。プロファイルの作成という所だけ文字化けしましたが設定してログインし、会話ウィンドウを開く所まではうまく行きました。
 協力の下送受信実験を行った結果、送受信は出来ているがログだけ表示されていないという事が判りました。IEのインストールに失敗していてその状態と似ているのでIEのインストールに成功したらうまく行くかもしれません。
 それと日本語未確定文字が表示出来ない不具合とメッセージ送信時にエラーが出ます。


 チャットに成功しました。詳しくは下の記事を参照ください。
LinuxでRegnessem成功の怪(WINE)


WINE動作ソフトまとめの怪


<スポンサード リンク>

好かれる人の魔法の言葉―言い方ひとつでトクをする好感度アップの会話術

好かれる人の魔法の言葉―言い方ひとつでトクをする好感度アップの会話術

  • 作者: 島田 宣子
  • 出版社/メーカー: こう書房
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本



書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでCPU-Zを実行の怪(WINE)

2009年01月03日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

CPU-Zを実行してみました。だめでした。以下エラーが出ます。
A previous version of the device driver is already running
もしかしたらここからどうにかする方法あるのかもしれません。進展があったら追記します。

WINE動作ソフトまとめの怪
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでMPCをインストールの怪(WINE)

2009年01月03日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

MediaPlayerClassicはGOM PLAYERと同じくコーデックやフィルタを内蔵したWindowsMediaPlayerに似てる軽いソフトです。GOM PLAYERの時と同じくうまくいったら便利そうなのでインストール(日本語版を実行しただけ)したのですが起動はするけど再生出来ませんでした。
再生できました。詳しくは下の記事を参照ください。
LinuxでMPC再生成功の怪(WINE)


実験に使ったMPCは以下サイトの6.4.8.3 日本語版 第2版を使用しました。
http://edarapnug.hp.infoseek.co.jp/mpc_j/

WINE動作ソフトまとめの怪
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでJane Styleをインストールの怪(WINE)

2009年01月03日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

JaneStyleをインストールしてみました。実行形式の方をダウンロードしてきて実行した所インストール画面で文字化けしましたが適当に選んでいったらインストールに成功しました。

肝心の起動後ですが全く問題なく使えています。スレ取得・レスホップアップ・画像表示など全て問題なく使えています。

WINE動作ソフトまとめの怪
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WINE動作ソフトまとめの怪

2009年01月03日

自分で試したソフトを纏めていこうかと思います。
LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪
成功
ソフト名  WINEバージョン 備考
ソリティア 1.19 カードの模様が表示されず。他は問題無し。
マインスイーパ 1.19 クリア時に日本語名前入力が不安定。
JaneStyle 1.19 インストール時だけ文字化け。
QMP 1.19 軽い。多少弄る必要アリ。
WMP10 1.19 弄る必要アリ。
VisualC++パッケージ 1.19 問題無くインストール出来ました。
IE6SP1 1.1.12 移しただけだとアドレスバー等が表示されない。
Trillian 1.12 極稀にエラーで落ちる。
Win版FireFox 1.12 非常に安定。
Win版FlashPlayer 1.12 軽くて安定。youtube最大化で巻き込みフリーズ。
Silverlight 1.12 スペック不足で確認出来ず。
mine2000 1.1.35 非常に安定
ALZIP7.0 1.1.35 非常に安定
Stirling 1.1.35 非常に安定
MSXML6.0SP1 1.1.36 問題なし。
GOM PLAYER 1.1.36 再生成功。軽くて安定。
Resource Hacker 1.1.36 軽くて安定。
Regnessem 1.1.36 非常に安定。
CPP版レグネ 1.1.37 Regnessemと同じ。
MPC 1.1.37 GOMと同じ。

失敗
ソフト名  WINEバージョン 備考
CPU-Z 1.19 起動せず。エラー。
WMP11 1.19 バージョンチェックで弾かれる。
IETester 1.1.12 タブを開くと落ちる。画像乱れ。
LiveMessenger2008 1.1.35 接続できない。
Microsoft Office 2010beta 1.1.36 インストールウィザードから進めない。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでGOM PLAYERをインストールの怪(WINE)

2009年01月03日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

wineのバージョンは1.19です。

GOM PLAYERはコーデック内蔵の動画プレイヤーなので使えたら便利そうなのでインストールしてみました。とりあえずインストールは通常通り問題なく行えました。そして設定画面も問題ありません。

しかし、肝心の動画ファイルを開こうとした所フリーズしてしまいました。どうやら無理みたいです。一応簡単なファイル別挙動。

2010/01/21追記
再生に成功しました。詳しくは下の記事を参照ください。
LinuxでGOMPlayer再生成功の怪


・AVI(DivX4)→フリーズ
・FLV→フリーズ
・WMV→コーデックを求められるので求められるままにインストール。しかしインストールしてもコーデック求められるループ。


WINE動作ソフトまとめの怪


<スポンサード リンク>




書いた人 sis | Comment(2) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初Linuxでexe起動の怪

2009年01月03日

LinuxでWindowsアプリケーションを動かすにはWineが必要です。
WINEをインストールの怪

現在fedoraのyumパッケージでwineのバージョンは1.19です。

とりあえず文字化けしなくなったので起動してみました。方法は簡単です。.exeの実行ファイルをダブルクリックするだけです。.msiの場合はコマンドしか受け付けないかもしれません。
コマンド行う場合は以下の通りです。
・.exeの場合
# wine ファイル名.exe

・.msiの場合
# msiexec ファイル名.msi


マインスイーパとソリティアをWindowsからコピーしてきて試してみた結果、問題なく使用する事が出来ました。ソリティアはクリアした後の動きが緩慢という事をどこかで読みましたが普通でした。進歩したのかもしれません。
それとソリティアのカード模様についてですが、どれも表示されません。模様のリソース部分が実装されてないのでしょう。


-------追記--------
日本語入力が出来ないという噂についての検証。エディタソフトで試した結果日本語入力出来ました。ただし時々エンター押しても反映されない時があります。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンボリックリンクとは何の怪

2009年01月03日

シンボリックリンクとはWindowsで言う所の〜へのショートカットです。
Aというファイルへのシンボリックリンクを作ったとしてそのシンボリックリンクをクリックすればAをクリックした事と同じになります。

では実際に使い方
シンボリックリンク生成は[ln]コマンドを使います。
# ln -s [リンクしたいファイル名/ディレクトリ名] [ショートカットの名前]
これで生成されます。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WINEで日本語表示の怪

2009年01月03日

WINEをインストールの怪にて文字化けしてしまい日本語表示出来ませんでしたがフォント変更のヒントを教えて貰って出来ました。ありがとう。

手順
1.http://www.geocities.jp/ipa_mona/に行ってopfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAMonaFonts-1.0.8.tar.gz(現時点)をダウンロードしてきましょう。

2.解凍したら~/.wine/drive_c/windows/fonts/に放り込みましょう。
(ユーザホームで隠しアイテム表示にチェック入れると出ます)


これで完了です。「# winecfg」等で確認してみましょう。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WINEをインストールの怪

2009年01月03日

今回はLinuxでWindowsアプリケーションを動かそうというモノです。正直ハマリです。遅々とした進み方です。

Fedora10でWINEをインストールしたい場合は簡単です。
#yum install wine
これだけでインストール出来ます。


しかしうちの環境ではWine Configurationの日本語表示部分が文字化けしてしまいました。全部の文字が「の」になります。どうにかしようと色々試行錯誤したのですが結局負けてWINEだけ英語表示にする方法を教えて頂きました。負けました。ええ負けましたとも。知ってる方いらしたら教えてください。

Wine Configurationを英語で起動する方法。
# LC_ALL=C winecfg &


WINEはWineIsNot anEmulatorの略らしいのですが、yumコマンドの説明だとWindowsEmulatorって書いてありました。

-----------追記---------------
英語起動を楽にするために。
いつも通りの方法だとメニューの編集から直接コマンド実行しようとするだけなのですが以下のエラーが出てしまいました。
アイテムを起動できませんでした
子プロセスを起動できません "LC_ALL=C" (そのようなファイルやディレクトリはありません)

コマンドとして実行してもエラーが出ます。

方法
1.邪魔にならない所にwinecfgとか適当な名前で空ファイルを作成

2.テキストとして開いて「LC_ALL=C winecfg」とだけ書く。

3.保存して閉じたら右クリック>プロパティ>アクセス権>プログラムとして実行出来るにチェック。

4.アプリケーション右クリック>メニューの編集>Wine>Wine Configuration右クリック>プロパティ>コマンド欄を「./winecfg」にして閉じる。


これでWine Configurationをクリックするだけで英語起動出来ます。

----------更に追記--------------
日本語表示のやり方教えて頂きました。本当にありがとう。
WINEで日本語表示の怪


2010/01/17追記
UbuntuでのWineインストールについて

インストール方法
$ sudo apt-get install wine

デペロッパー版を使いたい場合
$ sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
$ sudo apt-get install wine

参考ページ
http://www.winehq.org/download/deb
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:Windows関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fedora10で透過ウィンドウの怪

2009年01月01日

今回は擬似透過じゃなくウィンドウごと透過しちゃおうというメモです。
端末だけなんて面倒な方法じゃなく全てのウィンドウを透過出来ます。しかもそれほど重くないです。

◇必要な物
・X.org(6.8以上)Fedora10ならデフォルトで問題無し。
・xcompmgr
・transset

◇手順
1./etc/X11/xorg.confに以下セクションを追加。
Section "Extensions"
Option "Composite" "Enable"
EndSection

2.Composite extensionが有効になってるか確認。
# xdpyinfo
Composite <これがあったらOK

3.xcompmgrをインストール。
#yum install xcompmgr

4.transsetはyumコマンドでは無理なのでソースからインストールする。下のサイトから[transset_0.1.0+cvs.20051218.orig.tar.gz]をダウンロードしてきて解凍する。
http://packages.debian.org/ja/experimental/transset

5.解凍出来たら[cd]コマンドで解凍して出来たディレクトリに移動。
#cd ./transset

6.[make]コマンドを実行する。(多分合ってる筈)
#make

7.ディレクトリ内にtranssetが出来ているのを確認する。出来ていなかったら試行錯誤する。

8.実行する。
# xcompmgr
# ./transset .5
こうするとポインタが+印になります。それで透過したいウィンドウをクリックしてください。.5の部分が透過率です。1で完全に不透明、0で完全に透明になります。
もしtransset実行がうまくいかなかったらフルパスで渡してみてください。簡単に実行出来るようにするためのメモは次回ぐらいに書くと思います。


Fedoraでの情報が少なかったので多少苦労しました。

---------追記-----------
簡単に実行する方法メモ
アプリケーションに追加しちゃいましょう。

手順
1.アプリケーション右クリック>メニューの編集

2.好きな所(その他やアクセサリがお勧め)を選んで新しいアイテムをクリック

3.名前は適当に判りやすく。コマンドは参照でtranssetをフルパスで以下のように。
./transset .5(好きな透過率)

4.コメントも判り易いように。OKを押したらお好みで右クリックかドラッグでパネルに追加してください。

5.同じような手順でコマンド[# xcompmgr &]も登録しとくと便利です。
書いた人 sis | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux:OS設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。